北極点に立つ


 

北極点到達

(2003、8,10、20時34分)

北緯90度00分001秒

東経41度36分61秒
 

 

2003年8月4日〜8月19日 動く流氷 (開くのに少し時間がかかりますが・・)  Yahoo!より検索

 

 8-4   8-5    8-6    8-7    8-8  8-9  8-10 8-11
 8-12   8-13  8-14   8-15   8-16  8-17  8-18 8-19

 


 北極と聞いただけでとても美しいところと期待していたが、
地球上の水が90パーセント集まると言われる北極海の水はとても汚染されていることが現実であった。
  北極海の場所が美しいとの考え方が大きな間違いで、
ここに世界中から回りまあって集まるから
  今、世界中の水が駄目になるという事は、人類が滅亡に向かって進んでいることに他ならない。
  映像を多く載せるつもりですが、写真は色の関係でロマンティックにも美しさだけしか見えませんが、

今回、
流氷を見るため乗り込んだ世界最強のロシアの砕氷船YAMAL号
 


画像提供:YAMARU

の地下のプールで
  北海の海水の中で泳いでみましたが、
水が汚れて塩分がことの他強いばかりでなく、
丁度魚を洗った後に入った血なまぐささもあり、
また、買ったミネラルウオータ以外は海水を利用して水を使うのですが、
顔を洗っても石油臭さが消えなくて・・・
これはもう一度一人の力では出来ないこと分かっていても、
今1度真剣に環境問題を考えねばと痛切に思ったこと
  今回の旅行の感想です。


 北極海の印象が美しい色彩の海水と広大なまばゆいばかりの白銀の世界とは程遠く、
たまたま入った船内の海水をひいているプールで泳いだ印象が数年前、友人の紹介でに入り講義を聴いたところ、
今海水の汚染がひどく、鳥も魚も大量に死んでいる現状の話を思い出した。それどころか、今、傲慢で無知な人間のためにどんどん飲める水が無くなることを感じた。

「北極」 H・KKYOKU 佐藤秀明氏 (情報センター出版局)より

氷の割れ方には3種類ある。
小さな氷の亀裂を「クラック」と呼ぶ。
もう少し開いた状態を「クレパス」と呼ぶ。
大きく開いてしまって堀のような状態になると「リード」である。
さらに広がって川のようになるのを「オープン・ウォーター」と呼んでいる。
北極を旅して最も危険なのは、リードが四方八方に走るような場所に迷い込んだときだ。
とくに海流が強かったりすると、氷が激しく動いて危険である。
初夏の旅で気をつけなくてはならないのがクラックである。
氷が割れて、どんどん海が開いていったときにクラックを見つけたら、
すぐに海と反対側に逃げなくてはならない。
さもないと氷とともに、海の上を漂流する運命になる。
クレパスはその上を雪が覆っていない限りは安全である。

 

 

【参考資料検索】

 写真で見るロシアと
    旧ソ連の国々
 スペシャル コレクショ ンより

   世界の探検と航海 

ALL BEARS

 講座 シロクマより

白熊、白クマ、北極熊、
ホッキョククマ

 

 

 

YAMAL号の先人の手記

Home

top

 

    Copyright(C)華麗なる競技へようこそ