みなさん力あわせて被害にあわないように気をつけましょう!!!



2000年

 

パソコンを
始めて

2000年3月にカルチャーの紹介で
近くのパソコン教室に通う。
体験入学でよいとの事で出かけたが
話を聞いて3ヶ月の授業に入る。
ワード、エクセルに応用編も入るので
また3ヶ月結局翌年の2月までの籍を置く。
半年経たないうちに教室のシステムに疑問を感じる。
若く、この仕事に携わる人には間違いなく
早く打つ練習も兼ねて教室は必要であるが
私のように独りで、老いてゆくこと感じ、
からだも動かなくなった時のために今から少しづつ・・・
というためにはタイプライターのように打つ練習だけで
毎回時間を失うのはもったいない話である。
それだけならば、
パソコンがあれば独りでいくらでも練習できる。
インターネットは、別料金で数回2時間ほどの授業があるが、
この程度の事は教室で学ぶべきモノでないことが、
今、実感として分かるが・・・すべて人に聞いて、
頼りにして行動した失敗が、これからまきおこるのである。
  4月
自由が丘で一軒だけある
パソコンショップを教室から紹介され、
帰りに注文する。
買い換えなくて済むように一番いいもので、
必要な、周辺機器も最初からつけて欲しいと・・・
値段はは当時、価格の表示がなかったが
だいたい40万ぐらいでよいものが揃うという話。
  6月
月末頃パソコンはいるとの事で
、グレジットカード、の手配と
ケーブル配線問い合わせたら、
ターミナルアダプターでなけれがいけない状況との事、
店長に告げ、その準備。
何もわからないので、
「立ち上げなどすべて」お願いして
家より1,2分のところの店なので
分からない時来てもらえるとの事で喜んで待つ。
間際になったら、料金も50万余になり、
「周辺機器の何とかは具合が悪いので何とかにして良いか」
と聞かれ、
名前も何も分からないので
「よろしくお願いします」と答える。
人を信じてはいけない事だった。
30日にパソコン入れて「立ち上げができない」と
翌日またやってヤット出来た。
  7月
「お気に入り」やスキャナーでの自分のポストカードを
取り入れる事少し習い、
パソコンっていいものと喜ぶ。
ポストペットの手続きをしてもらい、
OCNで月に15時間の契約が結構初めてで
時間が取られるので使い放題・・
つまり「定額の無制限」に変更の電話をしたら
フレッツISDNとのセットが良いといわれ、
但し混んでいるので待たなければならなかったが、
待つことにして、再度、「接続設定」を店長に頼み、
連絡する事にした。
その間、「Windowsへようこそ」が文字化けしたり、
保証書がないので店長に言うと
「渡した」「覚えていない」???
「私は貰っていない」とのやり取りでびっくり、
不安を感じたが
保証書は1年で殆んど使った今までの記憶がないので、
そのやり取りで気まずくなるよりも、
後のホローをしてもらいたいと
証拠がないので黙るしかなかった。
その旨を、教室に言ったら、首を傾げても、
「でも店長が見てくれるなら大丈夫」との事で・・・
「でも保証書だけでなくはがきが沢山あって
登録するとサポートを受けられたり出来る」
との言葉で再度店に行き、他の従業員もいる前で
「保証書が欲しい」というと
皆が、「保証書は1年だから、
こわれた時にその日付を書いて、出したほうがいい」
と店長が預かると渡す気配なし。
  8月
パソコンは慣れないので
すぐ画面が思う通りにいかなかったりしても、
私は店に行くしか聞くところも、方法も知らない。
約束どうり、近くなのでちょっと直してみてもらうだけで
特別に1000円だしてくれと言ったが、
どうかすると「会社がうるさいから」と多額に要求されて
おかしいと感じつつも証拠がないので
自分で勉強するしか方法なし。
  9月
何度もWindowsが文字化けで
英語の説明もこれでは見ても分からない。
店の人間皆そんなものというので、
これは、店ぐるみと思う。
9月26日フレッツISDNの工事が終わったとの連絡で
店長に「接続・設定」し直して貰うために来てもらう。
その時、フレッツからきたIDやパスワードを見て、
自分が私に聞いて作ったのと違うので、

「契約を変えなければいいのに・・
パスワードが変わったじゃないか」と怒る。

その時は、ヤット慣れたパスワードなので
私も困ったなという単純なものだった。
でもこれからこのパソコンの密室で
うまくやれば証拠の残らない世界の
恐ろしい展開になるのである。
  0月
フレッツISDNからアクセスポイント番号が来て
当然店長がやってくれていると思ったが、
画面を黒くして何かを打つ手いて、結局は何もしてなかった。
(これは後で証拠を私が出して損害金をわずかではあるが、
振り込ませて一応の解決はしたが・・・)Windowsもまだ開けない・・
とうとう私が怒って、

「4ヶ月文字化けも直らないし、
保証書がなければ、どこに相談も出来ない。
先方に電話すると必ず機種番号やシリアル番号を聞かれるが
何故、私の持っている品物のそれを教えないのか?・・
保証書が欲しい!!」ともらったら
10月16日の日付を書いて渡してくれた。
その中に小さい手引書の本もあったので・・・
こうしていろんな機種の勉強してるのかと思った。

単なる保証書だけでなく
「ユーザー登録」や機種番号がどれにも書いてあるので
これは私に絶対必要で、
店には関係ないのに・・・と思ったが・・・
早速登録、葉書のないのも2枚ほどあったため
CDをコピーして再度登録の手続きをした。
ここで完全に、店長を信用できないと結論を下した。
Windowもサポータに電話で連絡取れ簡単に私で直った。

私の機器を登録されたくなかったのだ。
なぜか?後で分かる。

但し、OCNよりフレッツISDNが工事終わっても、
適用日が「13年11月1日」となっていたので・・・
それも店長に告げ、
OCNへの連絡は11月1日にもう一人出来る男性に頼む。
しかし、その前に「IP接続」の手続きをしておけばよかったが
今回は何もしてなかったんでこの話は後回し。
  11月
今まで電話料金見ることもなかったが、
2万以上と増える一方なので気をつけてみてると・・・
教室もお店も「2ヶ月遅れでくるから・・
前の料金だろうという」との事で、
しばらくすれば定額が効くから安くなると言う。
  12月
丁度、暮れも今ごろクレジットともう一つの通帳をはじめてみたら
なんと毎月電話5,6万OCNおりているではないか・・

年が明けたら・・・???

2001年 1月
6日に大分より帰り7日にOCN、フレッツISDN、
電話局、生活センターとの連絡と上記の内容を細かく整理して
訴えの準備に取り掛かると同時に自分の持っている機器の
ソフトにいたるまで分かる範囲に整理する。

なぜなら、「周辺機器の何とかは具合が悪いので
何とかにして良いか」と聞かれ、名前も何も分からないので
「よろしくお願いします」と答える。

とのこれが今だからはっきり分かるがスキャナであって最初は、
キャノン製品が、MICROTEX ScanMaker x6に変わっていて
値段は同じであったりしたからである。
この業界ではよくある話と後で聞いたが・・・
皆泣き寝入りなのだろう・・・
私はこうした問題を単なる中傷でなく
インターネットの媒体を通じて皆さんと
とりあげて大きな被害にならないようにと書こうと思う。
1月9日にOCNのサポートでされていなかった「接続・設定」をする。
さらに店長が知っているパスワードやメールアドレスも
変更した方が良いとの事で、12日にそれも済ませ、
その間毎日特定のところから来るようなウイルスに対して、
ポストペットのサポータのアドバイスで、

ウイルスの発信元を突き止め
http://www.kareinaru.com/sui/kangaetai/kangaetai.htm
20日にウイルスにかかりVAIOのサポータに初期化お願い。
  2月
生活センターとの連絡と
今までのいきさつの資料集めで終われる。
  3月
自分の持っている機器のソフトにいたるまで
分かる範囲に整理する。
そこでホームページの作成マイクロソフトに初めて電話したら、
今日より3ヶ月無料のサポートサービスをするというので
パソコンの中には自分の作品が沢山あるので
それをホームページに移すだけだと思い、
パソコン業者を相手に戦争しながら
ホームページ作りが始まったのである。
  6月
細かいことを言えば、パソコンショップには
最初から要求の値段を支払っているにもかかわらず、
それがされていないばかりか、
毎回1000円とかの小遣いを頻繁に与えていたにもかかわらず、
不誠実に対処されたのだから・・・といってもここが問題の証拠がない。
小遣いも領収書がない。9月26日にきちんとした。
といっても・・・
私がOCNのサポートで接続設定がウイルスにやられた後だったら
本当に何も証拠がないところだったが・・・
危機一髪それがしてあり
OCNのサポータとも事情を知って電話での応対におおじるとの事で
生活センターの人とも話してもらえた。
それでも店長は、「証拠を見せろ」の一点張りで
生活センターも手が出なかったのをOCN料金請求内訳書だけでなく
NTTコミニュケーション(株)ビジネスユーザー事業部
カスタマサービス部業務推進担当より

「11月1日の2回目のアクセス時と
3回目のアクセス時に通常のアクセスポイント間
でダイヤルアップ先番号を変更されており
それ以降は、全て同じアクセスポイント番号となっています。」
  7月
上記の決定的証拠で9月26日の工事の後は
適用日を11月1日と聞いていたからと逃げていたが
OCNにはもう一人の従業員がやったとしても、
フレッツISDNには誰もさわっていなく
私が1月9日のしたのだからその分の損害金を
6月末が土・日だったためか7月3日にわずかな損害金を
私に振り込まれてヤット1年がかりで解決した。
そのため、思いがけなく、
こんなにも早くホームページを作る事ができ、
今は、電話サポートだけでなく、時々、出張サポートを受け、
少しづつお友達との交流も増え
最後まで頑張って本当に良かったと思う今日この頃であります。
  12月
昨日、箱根湯本の天成園別館飛烟閣という日帰り温泉に
はじめて行きましたが、いくらですかと聞き1500を支払い
靴の鍵をもらい住所氏名を書かされ入湯し、
夕食を軽くして帰るときに会計清算が高いので
そんなに食べたかなと思いましたが、帰りのバスで急いでいたので、
乗り、電車の中で領収書を見たら、なんと、
食事だけでなく、また入湯料が入っていて
二重取りされたと翌日電話したら、最初にはお金もらっていません。
うちは後払いです。
よくそういうことがあるので領収書を出しています。
最初の領収書はありますか?ときた。
この手口は、実にうまい。
他の客は「あら、まだ、払っていなかったのかしら?」
と払っているらしい。
どこでも、入湯料を払い、
帰りに食事や他のものの支払いをするのに
慣れている我々の引っかかりやすいやり方と思った。もう一つある。
次回の割引券、に要予約(2名様より)
お泊りお一人様5,000円となっていたので
「、一人でも素泊まりいくらですか?」と聞いたら、
部屋の中に入りでてきて「9000円」という。
ひらきがあるのとそんな設備でもなく、おかしいので
「5000円は何人の時の料金?」と聞くと「人数によって違う」が
「その印刷は前ので今は6000円からです」という。
実におかしな話だ。
有効期限が2002.11.30になっているサービス券の
一番肝心な料金がそこで1000円のくるいを
出して訂正されていない。
私に一人だと9000円といったのとサービス券に書いてある
5000円のひらきを言い逃れたのか、
それとも、文字どうり5000円と信じてきた客が帰る時、
間違いでしたといって金を取るのだろうか?
それなら料金の後払いもその手段としてうなずける。 
老いるとはこういう類が付け込むから気をつけねばならないし、
寂しいものだ・・・(12月12日の独り言)

 

 

次へ top 自己紹介へ Home

 

Copyright(C)華麗なる競技へようこそ