サークル運営者のつぷやき

東京都目黒区アマチュアダンス協会
    石岡茂彦

月刊ダンスファン 2003年10月号掲載文



初めて社交ダンスと出合った頃のことは誰でも、ふと懐かしく想い出すことがある。
 私も、社交ダンスとの出合いから25年が過ぎ、サークル運営もも20余年を経た今、昔のことを書く年齢と なってしまった。

 かつてのオイルショック(1973年)直後、何回目かの社交ダンスブ"ームが終息した時期があった。
 その頃から公民館ダンスサークルが誕生し始めたと言われる。

 
私も偶然の機会から、そのようなサークルの一つに足を踏み入れてしまった。
 運動系が不器用な四十代半ばの入門者にとって、生まれて初めてのダンスは戸惑うばかり、サークルの   諸先輩の暖かなサポートが無ければすぐ退会していたと思う。残念ながら、熱心に支えて下された先輩  達はすでに他界されお礼の申しようもない。

 少しは人並みに動くようになりたいとの初心者の一念で、土曜夜(週休2日になる以前)と日曜の昼夜と、近 隣・他区のサークルを会員証の束を握って歩き回った。

 現在のように社交ダンスが社会的認知度が高くない時代で、小規模のサークルが多く閉会後は必ず飲み 会に誘われた。私にとっては、それがご縁で沢山の先輩・友人を知ることとなり、
 後のサークル結成に幸いした。

 サークルを色々回ってみたものの、ダンスの方は一向に上達せず、会社の帰路に
 ダンス教室に通うことにした。
 現在のようにダンス教室の数は多くなかったが、オイルショック前は超満員でした、とオーナーが言う広く立 派な桜材の床に、教師が延々とチョークで足型を書いて下されるほど夜は閑散としていた。

 やがて仕事の方も忙しくなったので、会社近くの新築の公共施設に教師の出張をお願いし、個人レッスン を始めた。

 その会場の周囲は、都心にありながら夜になると人通りもなく、暗いゴースト・タウンに変わる。
 今の高層ビル群の街からは想像できない寂しい所であった。

 新しく広過ぎる会場で女性教師と2人だけのレッスンは教室のようには落ち着けない。床は木製ではない  が、サークルに利用できないかと考え始めた。

 早速、先述のサークル回遊中に知り合ったダンス愛好者達に声を掛けてみた。ダンス歴数10年の超ベテ ラン、ダンスに家二軒分のお金を使ったという先輩、飲み会での友人達など約20名が賛同し、新しいサー クルを立ち上げることとなった。

 集まった仲間の中で、ダンスを始めて未だ一年半、一番下手な私が裏方代表として、会長を引き受けるこ とになった。その時は、20余年の楽しみと苦しみのサークル付き合いの始まりとは予想もしなかった。
 真っ先に思い出すのは、短期間で解散した場合、会員の「入会金返還請求権」はどうなるか弁護士の友人 に相談した結果、会員証に期間1年と明示したこと。
 私も一年はサークルを持ちこたえなければと責任を感じた。

 会員達の協力のお蔭で一年間は無事過ぎた。その間、先生は出張教師からアマB級に変わった。
 2年目からはプロの先生をとの会員達の要望も出てきた。
 ダンス業界について不案内な私の先生探しが始まる。三百年続く老舗の方に教わった先生に直接お願い してみた。その先生は、NATDで「ダンス教師は教室の外に出て普及活動」の方針を今年出しているし、お 手伝いしましょうと心良く引き受けて下さった。

 例会でそれを報告すると、ダンス界を良く知る先輩達は、あの有名な先生が、こんなサークルに来てくれる はずがないと半信半疑の様子。私も先生の経歴を聞いて驚いた。しかし、本当に篠田雅子先生がおいで  になり、会員達も大喜びで、毎週の例会に集まって下された。
 ただ、講習レベルが高過ぎて私には良く判らないことも多く、裏方に専念した。
 その7ヶ月あと、NHK教育テレビで史上初のダンス講座「レッツダンス」が、篠田先生ご夫妻により始まる。
 ご存知の方も多いと思いますが、この全国放映が、従来の社交ダンスのイメージを変え、現在の公民館ダ ンス隆盛の契機となった歴史的番組でした。
  篠田雅子先生

         
 
サークルの会員も急増し、その後約10年程先生のご指導でサークルを盛り上げて頂いた。
  ダンス旅行や  パーテイーなどにも、会員と気さくにご一緒下さった。

 他方、私の自宅近くにダンスに好適な公共施設の別館が完成、
  当時アマチュアの松崎先生(今春没)と協    力して、第2の会場を新設したのも20年前だった。
  2年目からは、会員の紹介で四本信子先生(現車椅子ダンススポーツ連盟理事長)をお願いし、
  約5年余り  のご指導をお受けした。
  毎週日曜の午後、明るい会場に40名以上の会員が四本先生のジョークを交えた
  熱心な講習を楽しみに集  まったのが、つい咋日のように思い出される。

 その後約十五年間、第二会場では沢山のプロの先生にお世話になった。
  当時C級D級の若い先生達にも   友人の紹介でお願いしたが、その中には、
  現在日本のトップ・ブロとして   ご活躍されている先生が何人もおられ、私達は、
  素晴らしい先生達の支援を項いた幸せなサークルであったと、つくづく思う。

 サークル活動が、長く続けられたのは、サークル運営を支えて下された熱意ある
  大勢の幹部達のお蔭であることも忘れることはできない。その力添えで第三・第四の会場が作られ、
  ピーク時には、競技ダンズ志向者の会を含め六会場まで拡大した。
  とても私一人ではできないことであった。
 経済バブル崩壊後、サークルを取り巻く環境も徐々に変わり始めた。
  会員の激減から解散するところも少なくない。
  私共のサークルも従来通りの講習例会方式の運営は厳しい状況にある。
  当然、地域によっても異なり、また、立派なポリシーで長い歴史を刻まれているサークルも沢山あるが。
 一般的には、経済不況と高齢化時代にダンス愛好家の増加は考えられない。
  一方、近来増加した「公民館のダンスホール化現象」の方へのダンス人口の移動もみられる。
 ダンスそのものの二iズも多様化し、会員の自己中心の要望も多くなった。
   それらへの複合的対応はサークル単位ではとても難しく思うこの頃である。

 

    「S&S 22周年記念チャリティーダンスパーティ」  

   

 

 

 

戻る Home

 

Copyright(C)華麗なる競技へようこそ